略奪愛を急いで解消させるべき理由とは?別れさせ屋の工作内容も解説

略奪愛を早く別れさせるべき理由&別れさせ工作の方法とは

「略奪愛なんてすぐに終わる」「時間に任せれば相手の心は戻ってくる」
そんな風にアドバイスする人もいるようですが、私はそうは考えていません。最後に最も深く傷つくのは、奪われてしまったパートナー自身です。これ以上悲しみを深くしないために、一刻も早く別れさせるべきです。
理由を詳しくお話しして、略奪愛に対する別れさせ工作を解説します。

 

略奪愛に別れさせ工作を仕掛けるべき理由

別れさせ屋が語る「略奪愛を解消させるべき理由」

工作を望む人だけではなく、略奪愛の当事者たちを不幸から守るために、別れさせ屋は必要です。

他のカップルを不幸にする形で結ばれた二人の間には、相手の欠点・弱みを冷静に受け入れようとする覚悟がありません。熱が覚めてしまえば、それでおしまいなのです。それどころか、これまでパートナーと深く信頼しあっていた記憶が、当事者たちをかえって傷つけることになります。

「あの人はもっと私のことを理解してくれたのに」

「彼女は僕のことをこんな風には言わなかった」

略奪愛カップルのなかには、こんな風に鬱積してしまう人をよく見かけます。略奪愛カップルが周囲の後押し・望まぬ妊娠で結婚に至ってしまうと、悲惨な末路を迎えます。妥協や一方的な我慢の末に、不幸な結婚生活を最後まで続けてしまうという話は珍しくありません。周囲からも白い眼で見られ続けますから、そのまま相談相手に恵まれず自暴自棄になってしまうこともあります。

 

人間関係はタイミングに支配されている

もちろん意図的に略奪愛を狙う人もなかには存在しますが、人間関係は意思・気持ちだけではどうにもなりません。略奪愛カップルのなかには「元のパートナーのところに帰るタイミングを見失っている」人も数多く存在します。

ある日隣の席になったから。その夜、一緒にお酒を飲むことになったから。たまたまパートナーが家にいなかったから。そんな偶然に支配されているのが、人間関係です。害を与えようとする気持ちを持っている人・パートナーを捨てたいという明確な意思のある人はいません。ちょっとした偶然が結婚の幸不幸を分けます。不倫や浮気という問題も、浮気性や恋愛体質のせいというよりは「その日どうしても流されてしまった」という状況に端を発していることが多いのです。

 

別れさせ屋工作を一言で表現するなら、意識的に偶然を操作することです。

本当の気持ちを確かめて、ターゲットと依頼人の双方にとって「こうなったらいいな」という状況を実現しています。もし別れさせ工作を先延ばしにすると、妥協による結婚といった悲しい偶然を引き起こしかねません。別れさせ工作が必要とされる理由・一刻も早く工作をしなければいけない理由は、ここにあります。

 

略奪愛を解消させるための別れさせ工作

略奪愛に仕掛ける「別れさせ工作」を元工作員が解説

工作員として活動していた当時、性格占い・小手先の心理テクニックといった非現実的な手法は使わなかったと記憶しています。調査員からの報告・分析・プランニング・実践というサイクルをきちんと守って、緻密にストーリー作りをしながら活動していました。

 

身体の関係は使わない

別れさせ工作員時代に徹底していたのは、コンプライアンス遵守・公序良俗を守ることです。もし工作員が違反すれば、所属する会社が公安委員会から許可を取り消され、業務できなくなることもあり得ます。工作員がやってはいけないこととして徹底周知されていることは、ターゲットと性的関係を結ぶことです。男性ターゲットの興味を引き付ける「誘惑工作」ではありますが、ベッドを共にすることはおろか、肌を接触させることもありません。過去の別れさせ屋の判決事例でも「肉体関係のない食事のみの関係であれば違法ではない」と判断されているそうです。

 

これは、依頼人のかたにも心がけてほしいと常々お願いしていたことです。

略奪愛を解消させて復縁したいと願うのであれば、安易に元パートナーと肉体関係をもってはいけません。「復縁したい相手」から「セックスできる相手」に格下げされてしまいます。その気になればいつでも話せるという甘えが生まれ、相手の略奪愛解消・復縁に向けた行動を阻害してしまいます。http://xn--48jm9ls24jubb73hda109rnj7a.jp

仮に肉体関係を使って工作をしたとしても、ごく低い効果しか得られないと私は考えています。

 

状況といきさつを正確に把握する

略奪愛に悩む人は、やはりショックのあまり状況を把握しきれていないことが大半です。相談時にお話しなさったこと・実際の工作現場で見たことが全くかけ離れている、ということも珍しくありません。これに加えて「略奪されたかもしれない」「略奪の現場は見ていないけど証拠をつかんでおきたい」という状況なら、別れさせ屋の専門スタッフが浮気調査から始めるのが普通の流れです。良い別れさせ屋かチェックするには、調査段階をどこまで大切にしているか聞いてみるのが一番です。状況次第で浮気調査のみで解決してしまうこともあるため、大切なステップです。

 

パートナーの幸福を願うなら別れさせ工作を

略奪愛は、ともすると数十年後まで痛みを残してしまいます。甘酸っぱい思い出に昇華できるのは、ほんの一部の人だけです。パートナーの本音を確かめたい・略奪愛カップルの状況やいきさつが知りたいという場合でも、別れさせ屋は役に立ちます。当事者全員の幸福を望むなら、勇気を出して一度相談してみましょう。

浮気や不倫の末の略奪愛は、奪われた側ではなく略奪愛カップル当事者をも深く傷つけてしまいます。長く人生経験を積んだ人・もしくは別れさせ屋工作員でないと、その末路を知ることは出来ません。別れさせ屋への依頼を迷っている間に、ここで紹介する「コントロールできないもの」が動きだすかもしれません。略奪愛を早く解消させるべき理由と、別れさせ工作の方法について紹介します。

別れさせ屋工作の手口 リンク紹介